保存

意外と知らない?!アーモンドの栄養価とカラダにうれしい効果とは?

「アーモンド効果」という商品が販売されるなど、アーモンドの効果は近年とても注目されています。

「アーモンドは太る」「アーモンドはニキビのもと」なんて、意外とアーモンドについて知らない人も多いようなので、今回はそんなアーモンドについてのカラダにうれしい効果を紹介します。

 

アーモンドは栄養価がすごい!

どのような栄養価があるとか言いますと、まず挙げられるのがビタミンEです。

ビタミンEにはアンチエイジング効果があるとされています。その他にも代謝を高めるビタミンB2も豊富に含まれています。

さらに

  • 不飽和脂肪酸
  • ポリフェノール
  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • 鉄分
  • ミネラル
  • 食物繊維

など豊富な栄養で、普段不足しがちな栄養も、アーモンドで手軽に補えるという事で人気が高まっているようです。

 

カロリーが高そうだけど・・・

健康、美容にぴったりなスーパーフードであることは証明されてますが、ナッツ類は栄養価が高いけれども脂肪も高い、というイメージがありますよね。

確かにアーモンドも脂質は決して低いとは言えず、カロリーも100gあたりだと598kcalとハイカロリー。

ですが1日辺り必要なビタミンEを摂取するには、

  • 成人男性の場合はアーモンド約22粒程度
  • 成人女性の場合はアーモンド約20粒程度

カロリーに換算するとおよそ120kcalほど。
ちょっとしたおやつには問題ないカロリーと言えるでしょう。

脂質は高いですが炭水化物(糖分)は低いので、炭水化物制限ダイエットには効果的です。

 

健康や美容に効果的と話題に?!

・ダイエットサポートに

アーモンドに含まれている不飽和脂肪酸を積極的に摂ると体重減少が顕著にみられ、リバンウドも起こりにくいという研究結果も出ています。

またアーモンドは堅いので食べると噛む回数も自然と増えます。
たくさん噛むことは満腹感を得られるので、食べ過ぎ防止にも。

・便秘解消に

アーモンドには食物繊維も多く含まれています。食物繊維が便秘解消に良いことは有名ですよね。

食物繊維以外にも、便通を促すマグネシウム、便の潤滑油となるオレイン酸も含まれているため、いまいち出にくいと感じている人もすっきりできる可能性大!

野菜で食物繊維を摂るのが苦手という人でも、アーモンドなら気軽に取り入れることができるんじゃないでしょうか。

 

・アンチエイジングに

老化の原因とされる活性酸素を抑制する効果、つまり抗酸化作用を持つのがビタミンEです。先ほども記述した通り、アーモンドにはビタミンEが多く含まれています。

しみ、そばかす、しわなど、お肌の悩みの原因として共通するのが、活性酸素です。抗酸化作用とそれを促進するポリフェノールが多く含まれるアーモンドを摂取すれば、アンチエイジングが期待できるという訳です。

 

・血管も健康に

不摂生を続けていると体の中に悪玉コレステロールが増え、血栓やドロドロ血液になる危険性が。

アーモンドに含まれるオレイン酸やリノール酸、不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを取り除き、健康な血管と血液に。

 

・貧血防止に

貧血が悩みの種という方も多いのではないでしょうか。貧血は主に鉄分やミネラルの不足が原因と言われています。アーモンドには鉄分、ミネラル、カルシウムも豊富です。

忙しくてきちんとした食事が摂れないという人でも、アーモンド入りのチョコなど手軽に食べられるもので貧血防止に繋げることができるでしょう。

 

 

ナッツ類ではクルミやカシューナッツも人気

栄養価が高いナッツ類は、アーモンドだけではありません

クルミカシューナッツもスーパーフードとして、海外セレブの間では古くから愛されてきました。

 

  • クルミ・・・アーモンドと同じく不飽和脂肪酸や食物繊維、ミネラルが豊富。さらにストレスを軽減するトリプトファンも含まれています。チョコレート、ヨーグルトだけではなく、料理にも合うスーパーフードです。
  • カシューナッツ・・・やや柔らか目の食感が魅力ですが、ただ単に楽しむだけではもったいない!亜鉛、鉄、マグネシウム、ビタミンB1が豊富。中でも亜鉛は発毛促進、カルシウムの吸収率を高めてくれます。

 

生アーモンドと素焼きアーモンドはどう違う?

日本では素焼きアーモンドが一般的ですが、素焼きアーモンドより生アーモンドの方が効果が高いというのをきいた事があります。それは本当なのでしょうか。

生アーモンドとは、全く加工していない状態のアーモンドの事です

私達が連想するアーモンドはカリッと香ばしいですが、生アーモンドはしっとりしています。また無加工ですので当然塩味などもありません。

・栄養面では実はほとんど違いなし!?

アーモンドを熱することによってアーモンドの栄養価がなくなってしまうとも言われていますが、アーモンドの特徴であるビタミンB2は水溶性、ビタミンEは脂溶性(熱に強い)。ミネラルや鉄分なども熱に弱くはありません。

つまり、加熱で栄養価が失われる心配はほとんどないということですね。

 

・逆に加熱していない生アーモンドが危険?!

生アーモンドには酵素抑制物質が含まれており、またカビ毒の1種であるサルモネラ菌が付着しやすい特徴を持っています。

アーモンドは大半が海外産。海外から保存状態が悪い中での長旅でサルモネラ菌が付着する可能性は否定できないでしょう。

 

酵素抑制物質は、その名の通り体内の酵素の働きを阻害します。

せっかくアンチエイジング効果を期待してアーモンドを食べているのに、活性酸素と戦う酵素動きが阻害されては元も子もありませんね。サルモネラ菌や酵素抑制物質は火を通せば取り除くことができます。

 

・アーモンドは青酸カリの原料?

青酸カリを発生させるアミグダリンもアーモンドに含まれていますが、こちらは食用アーモンドには含まれないようになっているそうです。アミグダリンも火を通すと消えるので、素焼きアーモンドはまず心配はありません。

 

旬子

このように、生アーモンドと素焼きアーモンドには栄養価の違いはほとんどない上に、生アーモンドには健康への危険が潜んでいるという訳ですね。

また、生アーモンドは日本国内で手に入れようとすると時間がかかりますし、値段も割高。よほどこだわりがない限りは素焼きアーモンドをおすすめします

 

 

アーモンドの上手な食べ方

素焼きアーモンドをそのまま食べても、ヨーグルトやサラダに混ぜて食べても美味しく栄養が摂れます。

ポリフェノールは皮の部分に多く含まれているので、必ず皮付きで食べましょう!ただし素焼きアーモンドは、油や塩が添加されているものも多いので、塩分や油の摂り過ぎにも注意です。

またカロリーや脂肪分も決して低い訳ではないので、1日の摂取量(20から25g程度)を目安に食べることをおすすめします。保存は密閉型の容器がおすすめです。

 

食べ合わせによってより効果が高まる!?

・アンチエイジング効果を高めたい時は

ビタミンEとCはお互いの効果を高め合う性質があるので、ビタミンCが豊富な野菜や果物と一緒に摂りましょう。
サラダやヨーグルトのトッピングがおすすめ。

 

・便秘を解消したい!

腸内環境を整え、便秘を解消したいのなら、乳酸菌と一緒に。
ヨーグルトはもちろんのこと、サツマイモまたはリンゴにメープルシロップとアーモンドの組み合わせはダイエット中でも安心のおやつです。

 

・いつでも手軽にアーモンドを摂りたい時は

アーモンドをフードプロセッサにかけ、アーモンドパウダーに。和物、ふりかけなどゴマの代用でアーモンドが使えます。

 

・アーモンドミルクも注目

アメリカでは牛乳ではなくアーモンドミルクが飲まれていると言われています。牛乳や豆乳よりも栄養価が高く、飲むだけでアーモンドの高い栄養価が摂取できることが魅力です。

 

旬子が常備してるアーモンドはこれ!

実は旬子もダイエットと美容目的でアーモンドを常備しています。

楽天やアマゾンでもいろいろなお店から販売されてて、いくつか試しましたが最近はこの「自然の館」さんのアーモンドに落ち着いています。

 

楽天で一番売れてて、レビュー評価もかなり良かったという事で選んだのがきっかけです。

参照:https://review.rakuten.co.jp/item/1/207342_10002851/1.1/

 

以前購入したものは1袋1キロ入りで、開封後は冷蔵庫で保管するものの、けっこう長い期間になるので、最後の方は味も落ちていました

これは500gを2袋に分けてくれているのでその点でも安心ですね。しかもチャック付!

カルフォルニア育ちのアメリカ産のアーモンドです。カリフォルニアアーモンド協会で定められた等級の中で「U.SエクストラNo.1」という高品質の部類に入るものみたいです。

 

粒は傷があったり欠けたりしているものもありますが、比較的大きくて味も満足のおいしさです。

 

子供達も大好きで、大好きなドラゴンボールの「せんず」に見立てて

「パワーがなくなったからせんずちょうだい!!」

なんて言いながら、よく手を伸ばしてきます。

 

我が家は、取り出しやすいように食べる分はホーロー容器に入れ冷蔵庫へ、余った分はしっかりチャックをしめて野菜室で保管。(※ホーローは食材の風味や質を変化させにくいという特徴があります。)

 

固形のアーモンドが苦手なら飲むアーモンドがいいかも!

気になって買ってみました!

旬子は黒ゴマ大好きなので黒ゴマタイプを購入しましたが、一般的にはプレーンの方が人気なのかも。

 

 

飲んだ感想は・・・

 

まずくもないけど、すごくおいしいわけでもない。

けど健康には良さそうな味!

というのが正直な感想です。

 

甘くておいしい感じを想定していたので、よけいかもしれません。ちなみに砂糖不使用なので。

牛乳も豆乳もそれ単体ではおいしいと感じれない旬子の感想なので、あまりあてにならないでしょう。

牛乳大好きな旦那の旬太郎はおいしい!と言ってたし。人それぞれってことですね。

 

旬子
旬子は固形のアーモンドの方が圧倒的においしくて好きですが、固形のナッツが苦手な人で、アーモンドを摂りたい人には飲むタイプもおすすめです。

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旬子

少々口うるさい旦那の旬太郎と、やんちゃな子供たちのお世話で毎日大忙し!…の合間に、用がなくてもamazonを開いて、ついついポチっちゃうのが日課。アラフォーに突入して先行き不安…、ついつい美容や健康系の買い物が増えているこの頃。そんな私の買い物ライフの一部は買い物レビュー のページで紹介しています。気になるアイテムがあればチェックしてみてくださいね♪